トップページ

→ラインダンスのルーツ!宝塚の魅力がつまった2016年最新DVDランキング発表!



2016宝塚音楽回廊ラインダンス参加者募集!

今年もあの感動をもう一度!「宝塚音楽回廊」で、ラインダンスを一緒に踊りましょう!

→詳細はこちら!

記念グッズ 残りわずか!

20151208img

あの感動から1年、サマーフェスタや音楽回廊でラインダンスの灯を燃やし続けてきました。
今後も「ギネス世界記録」(4395名)を守り続けて行きますが、この年末をもって一応の区切りをつけたいと思います。
特に「記念グッズ」の販売や「チャリボン」の受付はこの12月末までといたします。
現在の残数は、「DVD」218本、「写真集」115本、「記念タオル」410本となっています。
特に記念タオルは一時売り切れとなり、ご迷惑をかけていたため追加生産したものです。
この際ご購入いただければうれしい限りです。
注文方法はこれまでと同様です。

世界記録達成を記念した記念グッズを各種販売しております!

ギネス世界記録TM達成!4395名

実行委員長 逢坂 仁葵

ギネス世界記録、更新おめでとうございます。これで私たちが住む街、宝塚が世界一の記録を持つ街となりました。

ラインダンスにご参加していただいた皆様、ボランティアの皆様、昼夜問わず仮橋を作っていただいた自衛隊の皆様、そして、スタッフの皆様、この企画携わった全ての方に感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

私がこのプロジェクトを通じて学んだことは社会、街を形成する私たち一人一人が自らまちづくりについて考え、声を上げていくことの必要性です。その声はいつ、だれが、どこで聞いているかもしれません。2年前、そんな声をあげた私たち子どものように何かが実現するかもしれません。

一万人のラインダンスという今回のこのプロジェクトにとどまらず、子どもや若者など、この街の人々のアイディアや考えで宝塚市の活性化、更に素敵な宝塚市になることを願います。

宝塚市広報番組「知ってよ!宝塚」
(11月15日放送)

毎日放送「VOICE」(11月3日放送)

宝塚1万人のラインダンス

宝塚市トリプル周年記念イベント
「TAKARAZUKA1万人のラインダンス」

宝塚市トリプル周年ロゴ2014年宝塚市は歌劇100周年、市制60周年、手塚治虫記念館20周年のトリプル周年を迎えます。これを記念して、ギネス世界記録TM「一直線のラインダンス」に挑戦する記念イベントを開催いたします。

会場は武庫川河川敷、開催日は11月1日(土曜日)です。
7月20日(日)から参加者を募集します!

→詳しくは「イベント概要」をご覧ください。

誰でも踊れるラインダンスでギネス世界記録TMにチャレンジ!

icon_linedance_music音楽ファイルのみ再生はこちら!

icon_linedance_music歌詞カードのダウンロードはこちら!【PDF:1.15MB】

【TAKARAZUKA 1万人のラインダンス】
制作スタッフ

総合演出:岡田敬二
演出:三木章雄
振付:羽山紀代美、尚すみれ、御織ゆみ乃、若央りさ
音楽:吉﨑憲治、前田繁実
コーラスグループ:ジュネス

実行委員長あいさつ

「全力で挑みたいです。」 逢坂 仁葵

逢坂仁葵構想が実現します。2年前の夏、宝塚市子ども委員だった私は、メンバーと共に子どもの視点からどうすればいいまちづくりができるのか地域活性化ができるのか考え、話し合いを重ねていました。

その中で、「河川敷でラインダンスをしてギネス記録に挑戦すれば宝塚市が注目される!」っというお話になりましたが、あまりにも壮大な企画なので実現は到底無理だと思っていました。でも今年、様々の方々の協力を得て私たちが思い描いたものがついに実現します。

企画の成功と宝塚市の活性化を目指して全力で挑みたいです。

市長メッセージ

「全世界に宝塚を発信!」 中川 智子

宝塚市は今年度、「市制60周年」、「宝塚歌劇100周年」、「手塚治虫記念館20周年」と、様々な記念が重なる節目の年を迎えています。記念すべきこの年をトリプル周年と名付け、市民の皆さま方とともに全市を挙げて様々なイベントを展開し、未来へとつながるまちづくりに取り組んでいます。

その中にあって、「TAKARAZUKA1万人のラインダンス」は2年前、子ども委員会から提案されたもので、夢のある、スケールの大きなイベントとして、市も応援しています。

ギネス記録に挑戦という、まさに全世界へ宝塚を発信いただき、多くの方がこの宝塚市を訪れていただけることを願っています。

皆さんの思い、気持ちを一つに、大記録の達成とイベント全体の大成功を心からお祈りしています!

阪神北県民局長メッセージ

「心ひとつに―地域を越えた交流に期待!」
                 多木 和重

市民参加イベント「TAKARAZUKA1万人のラインダンス」がいよいよ11月に開催されます。

「ギネスに挑戦しては―」宝塚の子どもたちから市への提案をもとに生まれたこのワクワクする企画が、多くの方々の心を動かし実現しようとしています。総合演出の岡田先生をはじめ、開催に向けてご尽力された関係者の皆様に心より敬意を表します。

宝塚市トリプルイヤーを記念するこの事業を通じて地域を越えた交流が生まれ、ここ宝塚への愛着が芽生え、深まること、そして、目標に向かってひとつになることの素晴らしさを味わってもらうことを期待しています。偉業の達成とご盛会を心よりお祈りします。